teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


高嶺下の森HP改装中です

 投稿者:管理人  投稿日:2009年 8月 1日(土)19時22分32秒
  ふと気づけばアクセス数が5000件を超えておりました。
いつも高嶺下の森クラブHPにお越しいただいてありがとうございます。

最近PCがめっきり遅くなりまして、新PCに変えました。
HPを改装すべく奮闘中です。
キー操作および日本語入力にもまだ慣れておりませんので
HP更新は秋頃の予定です。乞うご期待☆

実際の活動は継続中ですので、また高嶺下でお会いしましょう!
HPともども高嶺下の森クラブをご愛顧のほど、よろしくお願いいたします。
 
 

初めまして。

 投稿者:宇野和也  投稿日:2009年 6月18日(木)14時22分47秒
  同じ野林町にいて、初めて見ました。月に1度の定例常会で顔を見るだけで、病気で療養していて出歩いていないのでカウロゲを通る事もほとんど無く。機会が有ればそちらに出向きたいと思います。皆さんも通られた時には、ぜひ寄って下さい。午後は元の作業場でパソコンをいじっています。今はリサイクルパーツでの組立てをしています。ほとんどyahooのフリーメールを使用しているのでアドレスを書いて置きます。mail:kazu52322003@yahoo.co.jp  

カウロゲの里の歩みのご案内

 投稿者:だいちゃん  投稿日:2009年 5月19日(火)20時22分3秒
  とよた都市農山村交流ネットワーク 足助地域会主催
カウロゲの里の歩み
里山定住フィールドの実現まで

日時:2009年5月31日(日)10時から15時頃
場所:豊田市野林町カウロゲ  昼食費用 300円

 部落から減っていく子供達の元気な声に危機感を抱いた梶誠さんが中心となって、地域・行政・専門家を巻き込みながら取り組んで成功した足助地区野林町の定住促進事業について、梶さんの想いや苦労話や心暖まる交流の数々、定住した住民の声などを伺います。都会から人を迎え入れたいと様々な活動をされている方々とともに、これからの里・村のあり方について学び、気づき、元気づけ合う機会になることを願っています。足助以外の会員さん、一般の方、大歓迎です。ぜひお越しください。

●当日の予定
・カウロゲ定住フィールドの散策
・梶誠さんのお話
・ご飯を食べながらゆったり座談会(昼食費用300円、できるだけ箸やお椀2つは持参願います)

●地図
Google mapにて”豊田市野林町カウロゲ”で検索すると詳細地図を見ることができます。

申し込みはよしだだいまで。
先行案内では開催日が間違っていました!ごめんなさい!5/31です!
 

炭焼き塾を終えて

 投稿者:福島 徹メール  投稿日:2008年12月19日(金)22時48分38秒
  先週までの2週間しっかり教えて頂き有難うございました。
間伐、釜入れ、釜出しと立ち会いましたが青みがかった煙だとか、精錬だとかまだまだ判らない事だらけでまた来年も来たい気持ちでいっぱいです。
年末また炭焼きをやると聞きました。間伐等手伝う事があれば連絡してください。
 
    (管理人) 炭焼き塾フル参加お疲れ様でした。
またのお越しをお待ちしておりますm(__)m。
 

水になった村の上映会

 投稿者:だいちゃん  投稿日:2008年 6月12日(木)11時58分22秒
  水になった村という映画をご存知ですか。
何人かの方には冬頃上映会のことをお話したけど覚えてるかな?

岐阜県の徳山村に大きなダムができることになって、村からみんな出て行ったけれど、
電気もガスも水道も止まった故郷の村に帰っていったおばあちゃん、おじいちゃん達のドキュメンタリー映画です。

電気もガスも水道も、もちろんお店も何もないけれど、
そこはおばあちゃん達にとってどこよりも幸せな場所でした。
友達同士で誘い合って山菜を取りにいったり、
家の前の畑で野菜を作ったり、
露天のドラム缶風呂で一日の疲れを癒したり。

おばあちゃん達は、そこで暮らしていることが楽しくてしょうがないというように、
笑い続けます。
からからと笑い続けます。

監督は10年以上も村に通っておばあちゃん達の暮らしを記録しました。
ダムの話はほとんど出てきません。
ただただおばあちゃん達のほんとうに幸せそうな暮らしが記録されています。

僕はほんとうにこの映画を街の人に山の人に海の人に一人でも多くの人に観てほしいと思っています。
自主上映会ができるこの映画、一足早く友達が上映会を主催することになりましたのでご案内します。

7月20日(日)椙山女学園大学(名古屋地下鉄東山線星ヶ丘駅下車、徒歩5分)
12:30-14:10 映画上映「水になった村」
14:40-16:20 大西監督講演
入場料 大人500円 子供300円 *託児あり

笑えて泣けて魂が震える映画です。
ほんとうにほんとうに、ぜひ。

僕も、もういちど大きなスクリーンを観に行こうと思います。
1年に1度は見たいような、そんな映画です。
 

したらエコ森保育園

 投稿者:だいちゃん  投稿日:2008年 5月 9日(金)23時11分34秒
  どんぐりを窓際の小さなポットに植えてみたら、
ある朝、にょっきり白い根っこが生えて
どんぐり卵からほっこり双葉が生まれました。
ほっこり双葉は卵の殻を持ち上げて、
卵の殻が落ちたころ、
ふんわり若葉が開きました。
いつしか私は私の子供を育てていました。
そうだ来年この子を大きなお山に植えに行こう。
大きなお山で手足を伸ばし、いつかみんなの木陰を作ってほしい。
この子にもどんぐり卵が実るだろうか。

私の子供は私のひそかな希望になりました。

そのころ私はまた行ってみよう。
この子の森に。
したらの森に。

***したらエコ森保育園の設立趣意***************************
日本と世界が置かれている現在のさしせまってきている状況で私たちはどんぐりの森とともに希望をはぐくんでいきたいと思っています。世界では人口爆発と
ともに食糧危機と人類の生存可能域の縮小とが急速に進み、日本では経済発展と利権のために私たちの生存に不可欠な自然が破壊され続けています。このまま
では、50年を待たずに恐ろしく悲しいことになると世界中の知識人が警告しています。今すぐにやらなければならないことが私たちの前には山積みになって
います。それにもかかわらず、具体的で実効性のある取り組みは小規模散発的に行われているに過ぎません。自然と人間関係を破壊し続けるシステムに知らな
いうちに組み込まれてしまった私たちは、この流れを止めることができるのでしょうか。

私たちに残されている選択肢はそれほど多いわけではありません。日本人の現実的な選択肢の1つは、強大な軍事力をもって貧しい国の人たちを抑え込みなが
ら、購買力をさらに高めて食料と資源を世界中からかき集め続けることです。確かにこの国はその方向に進んでいます。

でも、本当に多くの人はそれを望んでいるのでしょうか。

温暖湿潤な気候条件に恵まれている日本の人々が縄文時代からはぐくんできた里山文化は、世界で最も優れていた持続可能な暮らしの文化でした。ほんの数十
年前までは、日本人の圧倒的大多数の人々は何らかの形で自給的で持続可能な暮らしを営んでいました。ところが急速に、何から何までお金で買うしかない消
費者に、経済成長を追い求め続けるエコノミックアニマルに日本人は成り下がってしまいました。日本の食料自給率は先進国の中で飛びぬけて低くなっていま
す。今、経済成長を追い求めることが地球と人類に破綻をもたらすと経済学者たちは気づきはじめています。そして先進国の人々は日本の里山文化に注目し、
そこから持続可能な知恵を学び取ろうとしています。もし、日本の技術力を持続可能な暮らしに生かしながら、個人が、地域が、国が、持続可能な自給力を高
めていけば、たとえ経済力がそれほどには高くならなかったとしても、必要十分な物質的豊かさとともに充実した自由で平和な生活を築くことができるのでは
ないでしょうか。

私たちは持続可能な暮らしの基盤となる森を作り出し、その森から21世紀にふさわしい新しい暮らしの形を生み出したいと思います。いつかその森に人が住
み、その人たちが先進的な暮らしを営み始めることでしょう。

それぞれの生活がある私たちの行動力は限られています。私たちが作ることのできる森の広さは広くはないかもしれません。しかし、たとえ行動力が限定的で
あったとしても、希望をはぐくみ意思を持った人の数が圧倒的多数になり、その希望が意思となって現れるときには私たちの行動力をはるかに超えた大きな力
が生まれるはずです。ですから私たちは、多くの人の関心が向かい、そことの関わりから多くの疑問や気づきが生まれる可能性のあるダム水没予定地をフィー
ルドに選びます。あえて困難な地をフィールドに選ぶのは、21世紀を生きるために必要な強い希望がおのずからはぐくまれ、その希望がおのずから強い大き
な意思となって現れることを期待するからです。

希望をはぐくみましょう。
多くの人の希望がいつか大きな意思となって私たちの希望を実現することになると信じて。
絶望は死にいたる病。
希望はたったひとつの魔法。
*******************************************


どんぐりの育て方:
育苗ポットには山の腐葉土をたっぷりふんわり入れておきます。
そしたらどんぐりを腐葉土の上において、どんぐりの上に1cm以下の厚さだけ腐葉土をかぶせます。
木漏れ日になるような場所を見つけるか作ってあげて、そこに育苗ポットを置いて育てます。
一度置いたら場所をかえるのは控えましょう。
腐葉土が乾く前にときどきお水をそっとかけてあげましょう。
育苗ポットの底に水がたまるほど水をあげてはいけません。
どんぐりは時が来れば根を出し、時が来れば芽を出します。
かまいすぎず、そっと見守ってあげてください。


苗木を植える場所:
愛知県の北東部にある設楽(したら)町で大きなダムが作られることになりました。国土交通省と万博を推進した知事さんと愛知県の議員さんが決めたそうで
す。でも多くの人は知りませんでした。大きなダムが作られようとしていることも、そのダムがどんな働きをするのかも、そのダムによってどんな森や川や村
が水に沈んでしまうかも、どうしてダムを作ることになったのかも。
苗木はダム湖に水没することが予定されている山の斜面に植えます。近くには沢水が流れ、谷の底にむかって棚田が広がっているような場所です。xxxxh
aあるその土地は水没までの期間限定という約束で地主さんから借り受けます。
そこではかつて森とともに持続可能な暮らしが営まれていました。でも、その暮らしは急速に崩壊してしまいました。暮らしを支える森も壊れてしまいまし
た。私たちはそこに21世紀の新しい持続可能な暮らしの基盤となる森を作りたいと思います。いつか私たちの希望が現実になったとき、そこでは21世紀に
ふさわしい新しい持続可能な暮らしをはじめることができるでしょう。

こんな森を作ります:
いつかダム建設が中止されたとき、そのほとりに人が住んでその森とともに暮らしてみたくなるような、そんな森を作ります。棚田の近くにはウメ、カキ、ク
リなどそれらの実が日常的に食される樹種を植えつけます。クリの大木は家の土台としても最適な木材にもなります。その周りにはコナラ、アベマキなど燃料
として用いられる薪の木を植えつけます。コナラやアベマキは20年くらいで薪材として伐採されますが、伐採後の株は再び芽を出し、速い速度で再生しま
す。これらの落葉広葉樹林はシイタケ栽培にも適していますし、山野草の楽園にもなります。稜線や沢筋や林道から遠く離れた場所には生態系の保全の観点か
らも林業経営の観点からもスギやヒノキといった樹種は植えるべきではありません。このような場所にはブナ、カシ、シイといったその場所の潜在自然植生を
構成する樹種を植えつけ、自然植生の回復を加速させます。その他、キリ、ケヤキといった木材として有効活用できる樹種や、サルナシ、コシアブラ、サク
ラ、カエデといった季節に彩をもたらす樹種をところどころに植えつけます。

スケジュール:
・地主交渉と共同設立発起のよびかけ
・造林計画策定
・公表一般公募開始
・どんぐり集め(2009年秋)・・・設楽の子供たちを中心に
・どんぐり配布・・・設楽の高校生を中心に
・第一回植樹祭(2011年早春)・・・設楽の子供たちを中心に
 

ボランティア保険のいただきもの

 投稿者:murasato  投稿日:2007年 8月15日(水)19時47分25秒
  高嶺下の森クラブでボランティア保険に入り、保険会社が50周年記念の記念品をいただきました。

なんと、今話題の光触媒の観葉植物です。

保険担当ですので、私がいただいちゃいました。

母が、少し前からほしがっていたものです。

この場を借りて、ありがとうございました。
 
    (管理人) 先日の例会で「これ、ど~する?」と話題になりつつ、
小屋にしばらく囲炉裏の灰をかぶりながら
置かれていましたので、ほしい人にもらっていただけて
よかったと思いましたよ♪。
保険業務お疲れ様でした。
 

100人の田植え

 投稿者:ちぇ  投稿日:2007年 3月 5日(月)13時01分7秒
  皆様ご無沙汰しています。
高嶺下(ちぇの田んぼがある方)の棚田を100人(!)で復活させてコミューンを作る構想が具体化しそうだぞー!今年知り合ったとてもしっかりした20代の若者達(薪拾い助っ人)と計画を練り始めるところです。
Fさん、Hさん、やすさんも、森クラブの皆さんも、これ見てる誰かさんも、同じ日にやりません?ロストジェネレーションから全共闘世代までを結びつけたいと考えています。
5月中旬、部落の田植えが一段落した時に、田植え歌あり・バンド演奏あり、キャンプファイヤーあり、全国版マスコミあり、The GREENsプラカードあり、部落協力あり(地域作り委員会に入りました)を考えています。

また、mixiとGREEでThe greensコミュニティを盛り上げようと思っています。
興味のある方は連絡ください。

http://blogs.yahoo.co.jp/gb0124

 

本日のトーク写真

 投稿者:ちぇ  投稿日:2007年 2月24日(土)22時36分39秒
  たくさんあるし、サイズがでかいので、CDに焼いて月曜日にキングさんに発送しておきます。
梶さんが小屋に張る写真をご所望でしたので、そいつも作っておきます。

http://blogs.yahoo.co.jp/gb0124

 

市民が主役の危機

 投稿者:熱い市民  投稿日:2007年 1月28日(日)12時29分30秒
  市民が主役の森作りも、現行憲法あってのこと。

私たちの土台を揺るがす風潮に焦りませんか?
焦っていない人は↓にアクセスしましょう!

http://blogs.yahoo.co.jp/gb0124

 

レンタル掲示板
/3